2008年04月26日

雨の飛騨。渓流を偵察。

今日は雨の一日。
本流は増水、濁りで釣りにならず。

午後から2時間だけ河川パトロールに出かける。
本流がだめなのと、5月の連休後半に東京の友人が遊びに来るので、彼の為に支流をチェック。

東京の友人は家族ぐるみの付き合いで、いつも家族で来るんだけれど、今回はご主人だけで遊びに来る。
目的はずばりフィッシング!
彼はフライマンで、できれば支流で良いイワナやヤマメを釣りたいとの嗜好です。
水温も上がり、連休後半はドライでも楽しめそう。
後は、魚がちゃんといるかチェックしておこう。

と言うわけで、フライむきの支流をチェック。
今日は50ベイトキャスターに入魂してきました。
今日のミノーは新発売の ブラウニーシンキング7cm。
ベイトキャスターとのコンビは強力です。

ブラウニー5cm、TY−REX5cmは投げられる。
ブラウニーシンキング5cm、TY−REX7cmはストレス無く使える。
ブラウニーシンキング7cmになると、逆風が吹こうが、アンダーのバックハンドだろうが雨が降ろうが鼻歌交じりで使える。
ブラウニー7cmは常にシェイクしてやってポーズを入れてやるとまことに効果的にトラウトを誘ってくれる。
強く動かすことを意識すると非常に良いアクションをしてくれる。
もちろん、ガンガン瀬で泳ぎきる!
すごい・・・。無敵だ・・・・。
CA3A0069.JPG
(ヤマメ君!元気にブラウニーを襲った!)

20センチから25センチのヤマメやイワナが5匹出ました。
CA3A0071.JPG
(この支流のイワナはいつも白っぽい。キレイなイワナです。)

東京のMさんに告ぐ!(連休に来る友人)
魚はいますよ!後は釣っていただくだけです。
核心のポイントはさわらないようにチェックしてます。
ご安心を!!

一緒に渓流をやるのを楽しみにして待ってます。
もちろん私はブラウニーで後をついて行きます。

釣れますように!!
posted by saurus junior at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 釣行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14442154
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック